記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アモンケット参入後の環境分析



さて、マジック・デュエルズにアモンケットが実装されてから約1ヵ月経ち、環境も少し落ち着いてきました。
そこで今回はアモンケット参入後、環境はどう変わったのか?分析していきたいと思います。

まずは・・・・・・



【マジック・オリジンの続投】

ja_ori_topbanner_mini.jpg

マジック・オリジンの続投です!!

リアルのマジックではカラデッシュの登場と入れ替わりでスタンダート落ちしてしまったマジック・オリジンですが、マジック・デュエルズでは今回アモンケット参入後も何ら変わりなく、これまで通り使えることとなりました!!
これにより、各色"変身"プレインズウォーカーや《ピア・ナラーとキラン・ナラー》、《絶滅》、《再利用の賢者》、各種二色土地などの強力カードが今まで通り使えます!!

これで今までマジック・オリジンが使えなくなるんじゃないかと心配してブースターを買い控えていた人も安心して買えますね(笑)
おそらく(これは僕の推測なので保証はできませんが)次のエキスパンションの『破滅の刻』が出てもまだ使えると思います。
落ちるとしたらその次のエキスパンション・・・かな? もしかしたらその時はマジック・デュエルズ自体が新しいゲームに変わっているかもしれませんが(^_^;)

さて、前置きはこれくらいにして、それではここから本格的な環境分析に入ります!!





【機体デッキ】

カラデシュで誕生し、霊気紛争で強化され、常に環境の最前線を走ってきた機体デッキ
マルドゥカラー(白黒赤)、白赤、赤黒など様々な色で組まれますが、共通しているのは強力な機体を出し、機体と相性のいいクリーチャーを搭乗させ、速いターンに信じられない打点を叩き出すデッキということです。
機体はソーサリー呪文では除去しづらいので全体除去にも耐性があり、単に打点だけではなく、柔軟性にも富む隙の無いデッキとなっております。
さて、機体デッキはどう変わったのでしょうか?

jp_2iveszOVx3.pngjp_vbAlnqwftr.png


結論から言うと機体デッキは《木端+微塵》という軽量&最後の一押しにもなる除去、《栄光をもたらす者》というフィニッシャーを手に入れたものの、デッキの骨格を変えるほどの大きな変化をもたらすカードは無かったと思います。
若干選択肢は広がったものの、他のデッキがアモンケットの新しいカードで強化されたのを見るに、相対的にやや弱体化したといっても過言ではないのでしょうか。
ちょっと期待外れといったところですね(ピャーーーーーーーーーーーーー!!)←ひぐらしでギャグシーンで流れるSE


しかしながら、ブン回った時のトップスピードは健在なので、これからも環境の一角を担うことになると思います。

jp_0CJxAhwpiU.pngjp_3zm4wIPG70.png


2マナパワー3と、素で《キランの真意号》、《耕作者の荷馬車》、《領事の旗艦、スカイソブリン》に乗れ、速いデッキ同士のライフレースで優位に立てる《栄光半ばの修練者》や、奇襲性と除去耐性に優れ、攻撃条件を満たさなくても優秀な搭乗者として使える《熱烈な神、ハゾレト》は一考の価値ありでしょう。

余談ですが、僕は『ハゾレト』をなぜか『ハイレゾ』と呼んでしまいます(笑)





【ゾンビデッキ】

アモンケットによって新たに誕生したデッキの代表格がこのゾンビデッキです!!
これまでもイニスラードを覆う影・ブロック産の《墓所破り》《戦墓の巨人》を使ったゾンビデッキはごく少数ながら存在しましたが、アモンケットで強力なゾンビカードを手に入れ、大幅にパワーアップしました!!

jp_pskzGDdBWi.pngjp_Cus62c1PIT.png


死んでも何度でも蘇る(しかもブロックもできる!)まさにザ・ゾンビな《戦慄の放浪者》や、地味にライフを削ってくれる《疫病吹き》


jp_zU0ywdXVb1.pngjp_8MFflEnE0m.png


これにゾンビのロードである《呪われた者の王》《リリアナの支配》を加え、縦(サイズ)と横(頭数)の面から大幅に強化されました!!
実際、リアルのマジックでもアモンケット参入後の大会で何人ものTOP8を輩出しています!!

実際に僕も組んで回してみましたが、単純に強いです!
こういうクリーチャーを横に並べるデッキは全体除去に弱いものですが、ゾンビデッキは墓地から蘇生できるクリーチャーが多いので、またワラワラとまさにゾンビのように戦線を再構築できます(笑)
あと、黒単なら色事故を気にしなくていいので、回しやすくてしかも強いという初心者にもオススメのデッキです♪
ここら辺の掘り下げた記事はいつかサンプルデッキレシピの方で詳しく書きたいと思います。

黒単だけでなく、白黒、青黒、赤黒など様々なバリエーションがあるので、研究し甲斐があります☆






【コントロールデッキ】

コントロールデッキもアモンケットで強化されたデッキの一つです。
相手の危険な呪文は打ち消し、クリーチャーは除去し、ドロースペルで手札を充実させ、相手が消耗し切ったところでポンッとフィニッシャーを出し、一気に勝負を決める・・・
これが伝統的なコントロールデッキですが、マジック・デュエルズで今まで何が足りなかったかというと、絶対的なカウンター(打ち消し)呪文不足です。
特に2マナ以下の軽量カウンターがほぼ無かった・・・

しかし、アモンケットで一気に2種類も追加されました!!

jp_JIwS0rHjFo.pngjp_P3bwAX67XB.png


《検閲》は2ターン目から打ち消しをスタートでき、長期戦になってもサイクリングのおかげで腐らない超便利カードです!
また、《検閲》で一度打ち消すと、相手は警戒してそのターンに唱えられる呪文でも次のターンまで待って行動してくれたりするので、2マナとしては破格の効果です!!

《本質の散乱》《検閲》と違ってクリーチャー呪文しか打ち消せませんが、逆にクリーチャー呪文なら確定で打ち消せるので(「打ち消されない」能力を持つ一部の緑のクリーチャーは除く)、構えていると安心感があります。
最近は機体デッキがあるのであまり見ませんが、環境次第では充分に活躍できるカードでしょう。

贅沢を言えばあと《否認》が欲しいところです。


さらに強化されたのは打ち消し呪文だけではありません。
パーマネント除去も強化されました!

jp_13KqTK74C8.pngjp_fWS7pH8rPm (1)


今まで青黒コントロールなど二色のコントロールで組んでいると、序盤の速いターンに《進化の飛躍》、《スフィンクスの後見》、《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》などを出させると対処する術がなく、投了級のものでした。
そのためしょうがなく白を足して《苦渋の破棄》などを入れてみるものの、今度は色事故ががが・・・となり、「純正青黒コントロールを組みたいなぁ」と思っていた方も少なくないのではないでしょうか。

でも、もう大丈夫!
《暗記+記憶》《暗記》の面はパーマネントならなんでもライブラリーの上から2番目に戻せますし、《不帰+回帰》《不帰》の面はマジック・デュエルズでは初のプレインズウォーカー破壊カードです!!
さらに白には《排斥》という万能除去&サイクリングカードが加わったので、全体的にコントロールデッキのパーマネント対処能力が強化されました!!
これで純正青黒コントロールや白青コントロールが組めるZO!!


jp_6DoXr2pipg.pngjp_tpDnyktC7Z.png


また、ドロースペルも今までの《天才の片鱗》に加え、《周到の神ケフネト》《明日からの引き寄せ》が加わり、選択肢が広がりました。
個人的に巷で騒がれている《明日からの引き寄せ》より《ヒエログリフの輝き》の方が強いと感じるのですが、これは《凡人の錯覚》でしょうか・・・






【その他のデッキ】

これまで紹介したデッキ以外にも様々なデッキが頭角を現しています!(ボーラスの角のように!)

jp_FlqyaQnno7.pngjp_f5KX1Gl9dX.png


《ルクサの恵み》を使った緑青低速コントロールや、自分のターンにクリーチャーが死ぬとターン終了時に霊気装置トークンに生まれ変わるカラデシュ産の《秘密の備蓄品》とアモンケットで登場した出てくるトークンが倍になる《選定された行進》を組み合わせた白黒トークンデッキなどです。

どのデッキも高いポテンシャルを秘めているので今後の環境の変化が楽しみですね!


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。